東京夜景

heri.jpg
昨夜、友人の誕生日会がありヘリコプターで夜の東京を一周した。
午後8時に浦安のヘリポートを出発後して、
「お台場→東京駅→六本木→渋谷→新宿→池袋→上野→浅草」
と東京のランドマークをわずか20分で回ったのです。
関東平野という大きな体で、
道路は血流のようにビルや家のライトは細胞のように、
大きな心臓が絶え間なく呼吸している様であった。
「今、僕はこの一部となって生きているんだ。」
僕は東京の夜景を見みるといつも
「これだけ大きい都市は世界にいくつあるのだろうか?」といつも感じる。
東京は決して小さくない。
1200万人の人が住んでいて、日本の人口の1割をしめている。
近郊都市を合わせると2700万人と日本の全人口の3割の人が暮らしているのだ。
僕は世界の大都市と言われているNY・香港・上海・ロンドンなどに行ったことはないが、
果たしてどのような輝き方をしているのだろうか?
将来訪れる事があれば空から見つめてみたいと思った。
木を見ず森を見る。森を見ずに山を見る。
3年目を迎えた会社を抱え、いい刺激になりました。
その後はヘリコプターから見て最も輝いていた街の一つの歌舞伎町で、
みんなの大好きな焼肉を食べて解散しました。

25. 7月 2007 by sankikim
Categories: blog | Tags: , | コメントは受け付けていません。