チャイコフスキー交響曲第4番とヴァレリー・ゲルギエフ | Sanki Kim blog 金三貴 ブログ

チャイコフスキー交響曲第4番とヴァレリー・ゲルギエフ

最近はクラシックを聴いている時間が長くなった。
聴いている曲も大分固定化されてきたので、先日youtubeで曲の発掘をしていたらヴァレリー・ゲルギエフが指揮をする標題の作品と出会った。
リズムやこのテンポでのきめ細かい旋律に一瞬にして虜にされすぐにCDを買いました。
コンサートはないかな?と探していたらサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団が11月に来日し演奏するらしい。
これはアツイね~!ロシアン・オーケストラを存分に楽しみたいと思う。
生で見たらやばいだろな!と期待は膨らみ続けているので少し危険だ。
ヴァレリー・ゲルギエフは四年ほど前に知りそれからずっと好きな指揮者で、是非一度聴きに行きたいと思っていた。
そしたら今年の12月に来日が決まっていた!
年の瀬にゲルギエフというのはなんて贅沢。垂涎の機会です。
これを目標に年内は大分モチベーションを高められそうだ!!

16. 6月 2008 by sankikim
Categories: blog | Tags: | コメントは受け付けていません。