思い出のメニュー ”ベーコンポテトパイ”




僕が小学六年の頃に街にマクドナルドができた。
モス・ケンタッキー・ミスドだけだったので赤と黄色いMの文字は新鮮だった。
運動会や街でマックの袋を持っているだけで目を引いていた事を覚えている。
とは言っても青森は小さい街そんなマック旋風もすぐに落ち着き、
イザ僕も食べに行ったのだ。
すると、「んんん、」意外とパサパサしていて美味しくないぞ!
小学生の俺はマックのハンバーガーに対して辛口評価をつけてしまった。
そんななか叔母が「ベーコンポテトパイは美味しい。」そう言うのだ。
どれどれと食べてみると確かに食べやすいじゃないか。
それからというものベーコンポテトパイがめっきり好きになった。
年は経ち、僕が高校生~大学生の頃だったろうか、ある日突然ベーコンポテトパイがメニューから消えた!
暖かいパイというデザートともメインとも取りにくい微妙なポジションが日本人には受けなかったのか?
ショックだったが仕方がない。
先日、そんなことも全く忘れていた頃にベーコンポテトパイ復活のニュースである。
カウンターでびっくりしたよ!
嬉しくて早速オーダー。
叔母との思い出のメニューの復活に心が嬉しい今日この頃である。

16. 10月 2008 by sankikim
Categories: blog | コメントは受け付けていません。