サンクトペテルブルグ交響楽団を聞きにサントリーホールへ

六月に運良く今日のチケットが取れ、今日は待ちに待った公演日。
年末迄の目標としていたのが昨日の様にあっという間の数ヶ月でしたが、
この数ヶ月を思い起こす間もなく次へのロードマップを描けました。
モチベーション未だに高し。
内容は予想以上にシンフォニー四番の第二・三楽章が良かった。
故郷を思い起こせる旋律で心のガードが下がったと思いきや、
第四楽章でしっかり興奮させてくれました。
思いのほかコンテンポラリー具合を感じる事もでき、
しっかり満足できました。
ただ今日はまだ11月になったばかり!
まだまだ年の瀬へのレースは続きます。

05. 11月 2008 by sankikim
Categories: blog | コメントは受け付けていません。