モスキート音に物申す!

僕が住む町でモスキート音を流しているビルがある、
そしてそこは僕の最も嫌いな場所のひとつだ。
そもそもその存在意義が受け入れられがたい。
その定義は「もともと、店頭にたむろする若者を追い払うため開発された」
「相互理解は耳を傾けるところから始まるんじゃないですか?若者に耳を傾けてますか?」
人口比率を見ると現代日本において若者はマイノリティーである。
ただそのマイノリティーはこの国の未来である。
今日、若者を代表して叫びたい、これからは私たちの時代だと。
言わせてもらうとマナーがないのは若い世代に限ったことではない、
いくつになっても常識に欠ける人間というのはいるものだ。
若者を排除しようとしていても国はよくならない。
世の大人よ懐を深く持て。
そして若者よ立ち上がれ。
マジョリティーに負けるな、主役になれ。
他人の責任にするな。
僕は多くの失敗をしてきた。
失敗を認めてくれる人たちに恵まれた事がに心から感謝している。
ここでモスキート音に物申す!!
そもそも失敗しないで、寄り道をしないで成長できるのか?
若者から失敗するチャンスを奪わないでほしい。
そして僕らは常に敬意と責任を持って生きて行こう。
負けないくらい仕事しましょう。

08. 6月 2009 by sankikim
Categories: blog | コメントは受け付けていません。