消えた死体…

昨日はサイトの作り込みだったので思い切って会社泊にした。
一時帰宅しシャワーを浴びてから、さぁ作業開始ってときに…
「ぶ~ん! バチバチ! バチバチ!」
って音の方に目をやると、
ぎゃ~!でかい!でかい!タマムシだ~
「こっち来ないでくれ。私も無用な殺生はしたくないのだ。」
思い伝わらず彼は私の机に急降下~
私も作業に集中しなくてはいけない、心を鬼にして日経アソシエ最新号で一撃。
彼は私の机のしたに潜り込み絶命した模様。
「俺、今日ここで寝るのに…」
タマムシって結構大きいし、仕事に戻りたかったので死体の処理は明朝にしようと思った。
自然の中なら動物も虫も平気なんだが、会社のような無機質な所にいると肝っ玉も小さくなってしまうのか!
そして数時間後、、、朝を迎え、彼を安らかに葬ってあげようと、せめて外の植木の上で土の上で永遠の眠りについてもらいたいと思い机の下を覗くと‥
ない!
昨日確かにここで眠った彼が、いない!
うわー リアルホラー
彼はまだ生きていたのか?
生きているのはいい。
素晴しいことだ。
力強く生きて欲しい。
けれど、願わくば俺がさりげなくドアを開けたとき、窓を開いたときに、こっそり脱出して欲しい。
二度と俺の前に現れるな、特に一人の時。
小さな事務所の、どこかに、彼はまだいる。

15. 7月 2009 by sankikim
Categories: blog | コメントは受け付けていません。