歩みすすめるということ



目標を達成するときに僕たちは歩き始めるのだが、ゴールへの道のりは様々だ。
僕が心がけていることの一つに道を外れないという事がある。

人間が年を重ねる事で賢くなるので効率よく戦略的に計画を立てる傾向がある。
が、その戦術や計画も芯となる活動なくしては成り立たない。

バッドにボールを当てるには素振りは欠かせない。
絵を描くにはデッサンが欠かせない。
音楽を奏でるには基礎技術を磨く。

世の中には常にテクニックやTIPSで満ちあふれているが、基礎をより強固にすることの方がより大切なのだ。
古くから言われる三昧境を実践するのみだ。


そして歩みすすめること。
アラン・ドーソン「焦らず、ゆっくり、止まらずに!」


スタートしていない者には希望も可能性もない。
しかし歩みをはじめた者には希望と可能性がある。

目標があるなら遠回りはしては行けない、始めるための準備は必要ない。もう充分に準備はしたよ。
ドラマは歩みをはじめた時点で始まる訳です。


今年の夏はそれほど暑すぎない。
やるなら今だ!と思っているのは僕だけか?

30. 7月 2010 by sankikim
Categories: blog | Tags: | コメントは受け付けていません。