about me



■座右の銘
いつなんときも自分らしく

・正直であれ
・情熱的であれ
・ユニークであれ

■自戒の言葉
走りながら考えろ

■続ける環境作り
何かを始めたら如何に続けるかを考えます。そして続けれない原因があったら自分なりの廃棄の基準に基づき集中力を取り戻します。両手で持てる鞄は右手に一つ左手に一つです。新しい荷物を持ちたければ、片一方を手放すか荷物を詰め直すしかないのです。

■時間が出来たらしたい事
・旅…決して一人である必要はありません。鞄に荷物をつめて住んでいる街を出た瞬間から旅は始まります。旅には鞄に入る物以外は持って行けません、その時鞄に入っているのが今の自分に必要な物なのです。特に初めての土地では五感を刺激されてOSがアップデートされたようなインパクトを受けます。旅の写真の一部をPHOTO LOGで公開中です。
・山登り…別に遠くに行くだけが旅ではありません。僕にとっては山に出かけるのも旅と同じです。これまでの山での思い出は特別です。

■訪れたい街
・エジンバラ…未踏の街で他のどの街より愛しくてたまらないエジンバラの街。行きたいと思った街には必ず行っている。必ず行きます。

■好きな料理
・イタリアン…恵比寿に住んでてよかったのはイタリアンレストランが多い事。ピザもパスタも大好きです。料理をする事があっても作るのは大体イタリア風です。
・韓国料理…最近焼き肉よりも韓国料理の方が好き。焼き肉だったら脂身たっぷりのカルビじゃなきゃ!
・四川料理…山椒と唐辛子の香りがワクワクさせてくれます。中華料理はみんなでワイワイ食べるのがいいですね。
・天麩羅…King of 贅沢な和食です。なかなかノリで食べに行ける物ではないですが胡麻油の香りとサクサクの衣が絶妙。
・フレンチ…King of 贅沢な洋食です。食べに行くのは年に数回です。
・赤ワイン…ジョージ・オーウェルのパリ・ロンドン放浪記を読んでから赤ワインが好きになりました。銘柄とかはよくわからないけど渋いのが好きです。ビールと同じように赤ワインは働いたあとに飲むのが最高です。

■音楽
・音楽は僕の人生で欠かす事の出来ない要素です。学生時代から音楽をプレイする事でIdentityを模索し確立してきました。生き方や価値基準、人・文化から哲学なども音楽から学びました。それは今日も変わる事はありません。